top of page

調剤薬局を支える調剤機器と監査システムの紹介


現代の薬局運営において、多種多様な医薬品の取り扱いと、限られた時間内での正確な調剤は欠かせない業務です。このような課題に対応し、調剤の効率化および安全性の向上を図るため、自動化技術が広く採用されています。以下では、現代薬局で一般的に使用されている調剤機器と、新しい調剤監査システムについて紹介します。


自動分包機

自動分包機は、複数の錠剤やカプセルを一つのビニールパックにまとめることができる機器で、患者の飲み忘れ防止に大きく寄与します。代表的な製品として、湯山製作所の全自動散薬分包機「Twin-R93V」があり、薬の取り違えを防ぎながら効率的な調剤を実現します。



全自動薬剤払出機

全自動薬剤払出機は、処方箋に基づき自動で薬を選択し提供する機器で、調剤作業の省力化と人為的ミスの減少に効果的です。TAKAZONO社の「Tiara2」は、この分野の代表的な製品の一つです。




軟膏練り機

軟膏練り機は、複数の軟膏を自動で均一に混ぜ合わせる機器で、手作業では時間がかかる作業を短時間で衛生的に完了させます。株式会社シンキーの「なんこう練太郎 NRE-120A」は、このカテゴリで注目されています。 株式会社シンキーの「なんこう練太郎 NRE-120A」についての詳細はこちら





調剤監査機器 調剤監査機器は、薬剤師が薬剤の種類や数量を正確に患者に提供するための監査業務をサポートします。最近では、専用機器が不要で、スマートフォンがあれば監査業務が可能なSaaSソリューションが市場に登場しました。ゲルテック株式会社の「OKUSURI-AI」は、そのような新しい波を代表する製品で、調剤監査用のスマホアプリとして注目を集めています。 https://www.okusuri-ai.com/

最新の調剤機器とシステムを導入することで、薬局は調剤業務をより効率的かつ安全に行うことができるようになります。このような最先端技術を取り入れた次世代の薬局の運営は、患者様へのサービス品質の向上に繋がるだけでなく、医療業界全体の発展にも大きく貢献しています。


閲覧数:19回0件のコメント

Comments


bottom of page